トップ / 趣味としてイラストを上手く描く

趣味のイラストの上達のために

イラストが上手な人はどの世代でも憧れの的だ。思いついたことをすらすらと絵に出来る人になりたいと願う人も少なくないはずだろう。イラストを趣味にしているひとなら誰でもそのレベルの向上を願うのは当然のことだがただ願うだけでは上達はしない。上達のために必要なことは努力と馴れだ。何度も何度も描いて練習してそして手に感覚を叩き込む。大作を描かなくても良い。毎日コツコツと少しずつでも紙と鉛筆に触れること。アニメや漫画がメジャーな趣味となった今、絵の上達について様々な人が情報を求め多くの絵描きたちが情報を発信している。しかしそれを真似すれば上達するわけではない。やはり一番大事なのは練習のテクニックではなく練習の量と熱意なのだ。

中から堪能

イラストがうまくなるには

ちょっとしたメモや手紙などの通信物にイラストが描いてあるだけで、そっけなかった文章が楽しそうに見えたり勇気づけられたりするというメリットがあります。ひと筆で書けるようなシンプルなものでも相手の心をプラスに導くことはできますが、季節や状況、相手に応じたものがかけると一層効果があります。趣味としていろいろなものを普段から描くことで、イラストの腕は上達します。対象のものをじっくり見て、特徴を大げさすぎるくらいにアピールして描くと、より本物らしく見えます。家族の顔を描くのが趣味になり、家族との対話が増えたいう方もいらっしゃいます。

↑PAGE TOP